松見 法男

【専門分野】

認知心理学、言語心理学、言語習得・発達に関する教育心理学的研究

【メッセージ】

♪♪ 言葉は心を越えない とても伝えたがるけど 心に勝てない ♪♪ 
私の好きな『SAY YES』に登場する歌詞の一部です。「ことば」は「こころ」があってこそ活きるもの。 「ことば」を使う人間の「こころ」は,どのようになっているのでしょうか。 母語や外国語を学ぶ人,教える人の心理過程を,観察や実験を通して調べることは,自分自身の「ことば」と「こころ」を考えることにもつながります。

【現在の研究テーマ】

【日本語学習者におけるシャドーイングの心理メカニズム】 「聞こえてくる発話を,間髪入れずに真似て追いかける(口頭表現する)」シャドーイングが注目されています。 学習者は,シャドーイング中に心の中で何をしているのでしょうか。実験を通して,それを調べています。
【第二言語学習者の心内辞書モデル】 私たちは母語と第二言語(外国語を含む)の辞書を心の中に持っています。その構造と機能を解明しようとしています。
【児童の日本語習得を促進する外国語学習法】 小学校では英語学習が本格的に始まります。母語としての日本語の習得にプラスになる英語学習法を探究しています。

【代表的な著書・論文】

【指導した卒論】

【指導した修論・博論】

【個人サイト】

http://home.hiroshima-u.ac.jp/nmatsu