櫻井千穂

【専門分野】

子どもの複数言語習得、年少者日本語教育

【メッセージ】

世界には小さい時(生まれた時)から複数の文化・言語に囲まれて暮らす人たちが大勢います。

日本国内でも、学校や社会では日本語、家庭内では母語を使うケースなど、文化的言語的背景の多様な子どもたちが増えています。

このような子どもたちの言語の発達とアイデンティティの確立を保障するには、どのような教育・支援が必要でしょうか。

現状を知り、自分たちにできることを一緒に考えましょう。

【現在の研究テーマ】

1.文化言語の多様な子どもの二言語読書力の発達

2.文化言語の多様な子どものための複数言語能力評価の方法

(子どもの学習を促す評価としてのダイナミック・アセスメントの可能性、 外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントの妥当性検証)

3.文化言語の多様な子どもへの効果的な教育・支援の方法

(学校環境構築、授業談話の分析、読書プログラムの効果検証、 母語・継承語教育におけるプロジェクト型学習の活用)

4.発達障害様症状がみられる文化言語の多様な子どものアセスメントの方法

【代表的な著書・論文】

【指導した卒論】【指導した修論・博論】